卒乳・断乳後のバストケア

卒乳後・授乳後バストアップに成功する方法を徹底調査!

更新日:

卒乳後・授乳後はバストアップ成功のカギを握る超重要な時期です!

妊娠~出産・授乳期間と、人生の中で間違いなく一番大変な授乳時期を終え、これでひと段落・・・

なんて安心しきっていませんか??!!

 

卒乳と同時にやってくる大きな悩み、『バスト』の変化

気がついたその日から1日でも早く適切なバストアップケアをスタートすることが、残念なおっぱいからの復活成功のカギを握っています。

 

卒乳後こそ、がんばってきたバストを入念に労わってあげましょう♪

 

この記事では、卒乳後こそ取り組みたい『3つの効果的なバストアップ成功方法』について解説していきます。

卒乳後に残念なおっぱいになる原因は?

卒乳後、徐々にバストがサイズダウンしてしまう一番大きな原因は「女性ホルモン」の変化にあります。

授乳期間中は、プロラクチンと呼ばれる女性ホルモンによって乳腺が発達していきます。

乳腺の発達はそのままバストアップに直結するため、妊娠期間~授乳期で女性のバストはパンパンに。

 

しかし卒乳後、母乳を作る必要がなくなることでプロラクチンの分泌量が激減!

これが、徐々にバストがしぼんでしまう原因です。

卒乳後にバストケアが必要な理由

ここで注意したいのが、一度はパンパンに膨らんだバストを放置するとどうなるか?ということ。。。

 

サイズアップしたバストに合わせ、皮膚や靭帯などの組織はグーっと引き伸ばされていますよね。

しかも、赤ちゃんへの授乳は下方向へ引っ張られがち。

つまり、胸が垂れ下がる方向へと刺激が加わり続けたわけです。

 

これを放置してしまえば、卒乳後は垂れ乳へとまっしぐら。。。

 

  • 体の内側・・・女性ホルモン
  • 体の外側・・・皮膚・靭帯の伸び

内と外の両面からしっかりとケアをしてあげないと、卒乳後のバストアップは不十分になります。

 

この点を踏まえ、卒乳後にやるべき3つのバストアップ方法をみていきましょう。

卒乳後にやるべきバストアップ方法①:エクササイズ

まず取り組みたいのが、バストアップエクササイズです。

引き伸ばされた皮膚や靭帯(クーパー靭帯)を補助してくれるのが、バスト周囲の筋肉。

胸筋群をしっかり活動させることで、垂れ下がったバストの位置を修正し、バストアップにつなげることができますよ♪

バストアップ効果大!『おっぱい体操』

具体的なエクササイズ方法についてみていきましょう。

手軽に取り組める運動ばかりなので、ぜひ今日から取り組んでみてくださいね♪

手のひらを合わせて『合掌のポーズ』

  1. 胸の前で両手のひらを合わせ、お祈りのようなポーズをとる
  2. この時、肘~手首が90度になるよう意識する
  3. 両手を押し合うように力を入れ、5秒間キープ(息を吐きながら)
  4. 5回を1セットとし、1日2~3セット取り組む

力をいれるあまり、姿勢が崩れないように気を付けましょう。

背筋を伸ばしたまま、呼吸は止めずに取り組むのがポイントです。

大胸筋を刺激しよう『膝立ち・うで立て運動』

  1. うつ伏せの状態から、膝をついたまま腕だけで状態を起こす
  2. 息を吐きながら腕を曲げ、アゴを床に近づけ、元の位置にもどる
  3. 5回を1セットとし、1日2~3セット取り組む

腕ではなく、胸の筋肉を意識して取り組むと効果的です。

胸を大きく開いて閉じて『いないいないばぁ運動』

  1. 肩・肘を90度に曲げ、顔の前でぴったりとくっつける
  2. 角度はそのまま、ゆっくりと胸を大きく開くように腕を広げる
  3. 大きく深呼吸しながら5回ほどくり返し、1日2セットを目安に取り組む

胸・肩甲骨を大きく開いたり閉じたりするよう意識してみましょう。

「いないいない。。。ばぁ!」とかけ声をかければ、子どもと一緒に楽しく取り組めますよ♪

肩甲骨ストレッチは肩こりにも効果的

バストアップに重要なのは筋肉だけではありません。

正しい姿勢を保つことでバストへの血流がアップし、女性ホルモンを効率よくバストへ届けることができます。

 

肩甲骨はボディラインを整える重要なポイント。

前かがみになりがちな子育て中はとくに、肩甲骨のまわりが凝り固まってしまいがちです。

  1. 腰のうしろあたりで両手を組む(椅子に座った状態でもOK)
  2. 肘を伸ばし、体から離しながら肩甲骨同士を近づけるよう意識する
  3. 胸を大きくひらき、3秒ほどキープしてから元に戻す(呼吸は止めない)

肩こりがひどい方は、タオルをつかんだ状態から始めてみるのも効果的です♪

無理はせず、自然な呼吸の中で取り組んでみましょう。

卒乳後にやるべきバストアップ方法②:女性ホルモンアップ食材

体の内側へのアプローチの基本は「食事」、栄養面です。

卒乳とともに減少していく女性ホルモンを食事からしっかりと補ってあげることが重要。

 

授乳期とはちがい、卒乳後にポイントとなるのはエストロゲンと呼ばれる女性ホルモンです。

エストロゲンのはたらきを補助することで、バストアップ効果を高めることができますよ♪

大豆イソフラボン

バストアップに欠かせない栄養素の代表が、大豆製品に豊富に含まれる『大豆イソフラボン』

大豆イソフラボンは体内でエストロゲンと似たような働きをすることが分かっており、バストアップの王道ともいえる栄養素です。

 

豊富に含まれる食材はもちろん「大豆製品」

  • 納豆
  • 豆腐
  • きな粉
  • 豆乳
  • 味噌 etc…

大豆イソフラボンは1日あたり50~60mgを目安に摂取するのが望ましいとされています。

納豆は1パック当たり約35~40mg、豆腐なら半分で約40mgほど。

豆乳飲料は製品によってイソフラボンの含有量が異なるため、表示を確認するようにしましょう。

 

※大豆イソフラボンは1日あたり70~75mgが上限目安とされています。一度に過剰摂取してもバストアップ効果は期待できないため、目安量を継続的にメニューに取り入れるようにしましょう。

ビタミンE

バストアップに限らず、美容の強い味方となるのが「ビタミンE」

  • ホルモンバランスを整える
  • 血行を促進する
  • プロラクチンの分泌を促す
  • 老化の原因となる活性酸素を減らす

などなど、女性にとってはうれしい作用が盛りだくさん♪

 

  • かぼちゃ
  • アボカド
  • アーモンド
  • モロヘイヤ etc...

これらの食材と大豆食品を組み合わせたメニューを食事に取り入れてみてくださいね!

 

卒乳後にやるべきバストアップ方法③:ナイトブラ

エクササイズ・食事とならんで重要となるのが、寝ている間にバストケアができる『ナイトブラ』です。

授乳を終えたバストにはより入念なケアが重要。

ノーブラだったり、ブラトップのようなキャミソールと一体型の下着ではバストが横流れしてしまい、型くずれや垂れ乳・離れ乳の原因となります。

 

ナイトブラは寝ている間もしっかりとバストを包み込み、背中や脇に流れがちなお肉をバストに集めてくれる優れもの♪

日中用ブラのような締め付け感もないため、安心してバストアップを目指すことができますよ~

卒乳後のバストアップにおすすめのナイトブラ

そんな卒乳後のママにとって必需品ともいえるナイトブラ。

スポーツブラタイプや谷間を作って“盛れる”タイプなど、さまざまな種類のブラが販売されています。

 

こちらの記事で、卒乳後につけたいおすすめのナイトブラをご紹介しています♪

ぜひチェックしてみてくださいね^^

<「卒乳後 ナイトブラ ランキング」 内部リンク>

卒乳後のバストケアで垂れ乳・離れ乳を回避しよう!

卒乳後にがっかりしない3つのバストアップ方法についてご紹介してきました。

お風呂あがりに乾燥した肌を保湿ケアするように、

授乳後の弱ったバストもしっかりと丁寧にケアしてあげることが大切。

 

ポイントを押さえた効果的なケアに取り組むことが、妊娠前のような若々しいおっぱいを取り戻すカギを握っています。

卒乳後のバストケアは1日でも早いほうが効果が出やすいため、ぜひ今日から取り組んでみてくださいね♪

 

<「卒乳後 ナイトブラ ランキング」 内部リンク>







よんでほしい記事

1

卒乳後におすすめナイトブラランキング【最新版】を大公開! 全部使ったリアル体験談から、産後・卒乳後のしぼんだ胸にこそおすすめしたいナイトブラをランキング形式でご紹介していきます!!   幸せ ...

エルゴアダプトで新生児抱っこした口コミ 2

普通エルゴアダプトで新生児の赤ちゃんを抱っこした口コミ書いています^^ エルゴアダプトは新生児に最適な抱っこ紐です! 快適な抱っこ紐を求めて、これまでに10本以上購入した抱っこひもマニアの私 &nbs ...

3

無印良品のパルプボードボックスをランドセルラックとして使っている私の口コミを書いています^^   子どもが小学生になるとランドセル置き場って困るんですよね。ちゃんとランドセルラックがないと片 ...

4

ベビーホッパーウインターマルチプルカバーの口コミです! 早く買えばよかったと後悔するほど便利なエルゴ防寒ケープでした!   寒い冬に子供が一人風邪をひくと、一家全滅の危機!! 子どもが風邪を ...

-卒乳・断乳後のバストケア

Copyright© 3人男兄弟子育てブログ!3人まとめてかかってこい! , 2019 All Rights Reserved.