3人男兄弟子育てブログ!3人まとめてかかってこい!

3人子育て中の主婦。夫は激務で実家は遠い。愛情たっぷり、手抜きしまくりながら楽しく暮らします

3人育児を楽に!子育てのコツと便利グッズ

直面する2020年英語教育改革とは!どうする?うちの子の英語教育

投稿日:

英語教育改革が進んでいるのをご存知ですか?

 

2020年から英語教育は大きく変わります!

何となく聞いたことあるけど…

と思っているママが多いと思いますが、

実は我が子にも大きな影響を与える大改革なのです!

 

や、ヤベェ!!

 

ということで、何がどう変わるのか?

 

ママ世代が受けてきた英語教育と

これからの子どもたちが受ける英語教育を比較しながら、

これからの英語教育について知っておきましょう♪

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コミュニケーション重視の英語教育に変わる

ママ世代の英語教育は文法・文章読解重視でした。

 

中学校、高校の英語の授業では、文法の説明や英文の和訳がほとんどで、

生徒が英語を発する機会が少なかったのではないでしょうか?

 

英語のテストも、英単語を暗記して書き、

発音はアクセント問題で終了。

 

読解問題は、英文を読んで選択肢から一番合うものを

選んで答えるというような形式のものばかりでした。

 

こうした教育が長く続いた結果、

日本人は「中高6年間も英語の勉強をしているのにぜんぜん喋れない」という状況に。。。

 

現在、文部科学省が打ち出している英語教育では、

『英語4技能』を重視しています。

 

英語4技能とは、「聴く・話す・読む・書く」の4つのスキルのことで

この4つをバランスよく指導するように改革が行われています。

 

実際、現在の中学校の英語のテストでは、

今までの文法や英文読解の問題も出題されますが、

リスニング問題は当たり前。

 

テーマを与えられての10文以上の英作文や、

英文読解問題の文章を英文で要約する問題など、

自分の力で英語を使いこなす力を問う問題が増えています。

 

また、英語スピーチのテストや英語での

ディスカッションなどが授業に多く組み込まれています。

英語は使って、通じて、初めて意味のあるもの。

 

これは大人になってからヒシヒシと感じています。

 

とにかく英語をコミュニケーションツールとして

使いこなせるようになるための教育が進められているのです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

2.英語の学習レベルが上がる

2020年から英語教育が小学校3年生から行われるようになります。

 

我が家の息子も3年生で外国人の先生が来たと言ってました!

 

3年生・4年生は「外国語活動」として英語に慣れ親しみ、

5年生以降は英語が教科化され本格的な英語教育が始まります。

 

「教科化」とは「成績がつく」ということです。

 

「成績がつく」ということは

「成績をつけるために何らかのテストが行われる」ということになります。

小学5年生から本格的な英語教育がスタートすることで、

今まで以上に英語の学習レベルが上がります。

 

分かりやすくイメージすると

小学生のうちに現在の中学校内容を学習します。

 

中学生になったら、すでに現在の中学生内容の学習は小学校で終えているので、

現在の高校生内容まで学習します。

 

そして、高校生で現在の大学内容まで学習するイメージとなります。

英語学習のスタートを早めて、

学習レベルを引き上げることにはメリットがたくさんあります。

 

しかし、一方でデメリットもあります。

 

そのひとつが「早くから英語嫌いを助長してしまうこと」です。

 

そのため文部科学省は英語教育において「積極的に英語を使う姿勢」や

「英語で何かを成し遂げようとする取り組み」を重視しています。

 

英語ができる・できないではなく、

英語を積極的に使うことをよしとする教育に切り替わっているのです。

 

私たちの学生時代の『英語』とは全然違いますよね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

3.中学入試・高校入試・大学入試が変わる

大学入試改革については、最近ニュースでも取り上げられていますが、

 

いわゆるセンター試験がなくなり、

「大学入試共通テスト」が行われることになりました。

 

しかし、大学入学志望者全員の英語4技能(特に、聴く・話す)

を測定することは難しいため、

英検やTOEICなどの民間英語資格試験を

大学入試に取り入れることがほぼ決まっています。

 

大学入試が変われば、同じように高校入試も変わっていきます。

 

今まで以上に英語4技能を問う問題に変わっていくことが予想できます。

 

さらに、小学校から英語が教科として加わるので、

中学入試においても英語の試験が導入される可能性があります。

 

中学受験を検討されているママにとっては

大きな問題になる可能性がありますね。

うちの子の英語教育はいつから始めればいいの?

ここまでのお話しで英語の重要性は十分に伝わったと思いますが、

だからこそ「うちの子の英語教育はどうすればいいのよ!」って思いますよね。

英語教育は早くから始めた方がいいということで、

赤ちゃん用のCDやDVD教材もたくさんあります。

 

赤ちゃんのうちから英語を聞かせることで

日本語を覚えるように英語も覚えられるようになるとか、

rとlの聞き分けなど発音や聞き取りがよくなるという研究結果があります。

 

しかし、その一方で、英語を覚えることで日本語がおぼつかなくなるとか、

赤ちゃんからの英語学習は意味がないなどの研究結果もあります。

 

英語学習を始める時期に絶対はありません。

 

子どもの性格や興味、成長のスピードに合わせるのが一番です。

 

しかし、これから英語を学習するうえで身に付けておきたい最も重要な要素があります。

 

それは積極的にコミュニケーションを取る姿勢、

そして例え間違っていてもトライする姿勢です。

 

これからの英語教育はコミュニケーションが重要視されます。

 

例え文法的に間違っていたとしても、積極的にトライして、

英語で伝えようとすることが重要です。

 

これからはそうした意欲が評価されますし、

その意欲があれば英語をコミュニケーションスキルとして

身に付けることができるようになるはずです。

 

息子たちも「英語を話せた方が楽しい世界が広がる!」

こう思いながら勉強してくれたらなと思います^^

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-3人育児を楽に!子育てのコツと便利グッズ

Copyright© 3人男兄弟子育てブログ!3人まとめてかかってこい! , 2017 All Rights Reserved.