3人男兄弟子育てブログ!3人まとめてかかってこい!

3人子育て中の主婦。夫は激務で実家は遠い。愛情たっぷり、手抜きしまくりながら楽しく暮らします

子育て 赤ちゃんの子育て

赤ちゃんが夏に快適な布団とは?すやすや眠れる対策をご紹介!

更新日:

夜寝るときに寝苦しい季節になりましたね。。。

 

暑くなってきて、何だか1歳の赤ちゃんも寝苦しそう。。。

 

頭や背中に寝汗がびっしょりで、何だかあせももできたみたい。

 

 

赤ちゃんが夏に使う布団って悩みますよね。。。

暑そうに見えても寝冷えも心配で、どんな布団を選べばいいのか困ってしまいます!!

 

 

今回は夏に赤ちゃんが心地よく眠れる布団の選び方や風邪をひかせないための寝汗対策などについてご紹介します。

 

 

 

赤ちゃんは暑がり?夏の快眠布団の選び方

 

自分にはちょうどよい温度なのに、何だか赤ちゃんは暑そうということはありませんか?

 

基本的に赤ちゃんって暑がり!

 

 

着るものも掛けるものも、大人より1枚少ないくらいが目安です。

 

こんなことを言っている私も、1ヶ月検診にしっかり着込ませた子供を連れて行って、看護師さんに注意を受けましたw

 

風邪をひかせてはいけない!と、ついつい心配になって厚着をしてしまうのですよね。

 

夏に掛け布団はいらない

 

夏に赤ちゃんに掛けるものはバスタオルで十分です。

うちはそれでも暑くて蹴ってしまい、結局、細長いスポーツタオルをお腹あたりに掛けるだけが一番気持ちよさそうでした。

 

周りのママ友に聞いてみると、ほとんどの赤ちゃんが足が出ている方が快適みたいですね。

 

敷き布団には通気性と吸湿性のよいカバーを

 

そして、掛け布団よりも大事なのが敷き布団!

 

敷き布団のせいで、去年の夏の寝かしつけにはとても苦労した記憶があります。

一生懸命抱っこで寝かしつけ、布団に置いた途端に大泣きで目を覚ますのです。

 

何10回やっても同じことの繰り返しで、もう私も泣きそうになりました。

 

あれこれ原因を探しながら、ふと敷き布団を触ってみると何だか蒸し暑いのです。

 

 

生まれてからずっと、敷き布団にはシーツの代わりにバスタオルを敷いていました。

夏になるまでは、それですやすや眠っていたのです。

 

しかし、夏になるとバスタオルの毛足に熱がこもって暑かったようです。

 

普通のガーゼ生地の綿シーツにした瞬間、嘘みたいに眠り始めました。

 

赤ちゃんの背中が熱いと、とても寝苦しいようです。

 

赤ちゃんは、夏に防水シーツをすると暑がってすぐに起きちゃうと言っていたママもいました。

 

寝ござ(い草シーツ)がオススメ

 

試行錯誤しましたが、結局一番赤ちゃんが寝てくれた寝ござはオススメですよ。

 

い草シーツともいうみたいです。

 

最初の頃は、赤ちゃんの夏の布団はいろいろ試しても子供にあせもができてしまい、皮膚科を受診しました。

 

赤ちゃんが多く通う評判の皮膚科で、寝ござを勧められたんです。

 

赤ちゃんだけでなく上の子たちも気持ちがよさそうで、寝苦しそうに動くことが格段に減りました。

 

もちろん、あせももよくなりました。

 

寝ござは、普通に敷き布団に敷くだけですし、お手入れも簡単です。

 

シーツのように汗の度に洗う必要がありません。

 

基本的に乾拭きだけです!!ずぼらママにピッタリwww

 

 

時間があるときに直接日の当たらない風通しのよい部屋に干しておけば大丈夫です。

 

傷むこともなく数年は保っていました。

子供も気に入って何年も使い倒しましたよ。

 

今年はすり減ってきたので、楽天で新調したばかりです^^

 

 

赤ちゃんの夏の寝汗対策と適温を見分けるポイント

   

赤ちゃんは、寝て最初の頃に体温が急にあがります。

寝汗に注意したいのはこの時です。

 

最初にびっしょり汗をかいてしまうと、その後冷えたら風邪をひいてしまいますものね。

 

息子たちに効果のあった寝汗対策を紹介します!

 

ガーゼを背中にはさんでおく

赤ちゃんは、特に背中はよく汗をかきます。

汗がびっしょりだと、パジャマが濡れてしまいますよね。

 

そこで、パジャマと背中の間にガーゼやタオルハンカチをはさんでおくとパジャマが汗で濡れるのを防げます。

 

寝始めに汗をかくので、寝入った頃にそっとガーゼを抜き取ります。

 

そのガーゼが汗びっしょりということが毎回でした。

 

 

夏の寝室の室温目安は?

 室温の目安は、夏場はだいたい26~28℃と言われています。

 

エアコンの設定温度に頼りすぎると、部屋の場所によってができてしまいます。

 

冷たい空気は下に溜まるので、特に、赤ちゃんが寝ている床の方は温度が低くなりやすいです。

 

温度計は赤ちゃんの側に置いてクーラーの温度を調整しましょう。

 

赤ちゃんの適温サインをみつけよう

 よく、赤ちゃんの体温調節は足の裏でしていると言います。

赤ちゃんにとって暑いか寒いかは、足を触ってみるのがポイントです。

 

足が冷たくて乾燥しているようだと寒いかもしれません。

少し冷たいかなと思っても、湿り気があれば適温のことが多いです。

 

同時に、背中やお腹、首のあたりも汗をかいていないかみて総合的に赤ちゃんの適温を見つけてくださいね。

 

 

赤ちゃんの夏布団まとめ

 

赤ちゃんにとって睡眠はとても大切なもの。

 

しかし、赤ちゃんは敏感で、ちょっとしたことで寝なくなり、不機嫌な日が続くこともあります。

 

まさに夏の暑さは、ママにとっても悩みの種!!!

 

私も、毎日温度計をにらみながら、神経をすり減らしていました。

本当に大げさでなく( ;´Д`)

 

シーツや温度で夏布団の対策をして、

今年はママも赤ちゃんもすやすや眠って、暑い夏を乗り切れるとよいですね!!

 

私も自分の睡眠のために頑張るぞ――――!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-子育て, 赤ちゃんの子育て

Copyright© 3人男兄弟子育てブログ!3人まとめてかかってこい! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.