3人男兄弟子育てブログ!3人まとめてかかってこい!

3人子育て中の主婦。夫は激務で実家は遠い。愛情たっぷり、手抜きしまくりながら楽しく暮らします

3人連れて子供とおでかけ

赤ちゃんとの外出で服装を選ぶときの3つのポイント

更新日:

赤ちゃんの服装って悩みますよね。

外気温に反して、屋内は寒かったり、

暑かったりして体温調節が難しくなります。

 

そこで今回は、私の経験を元に赤ちゃんの外出時の服装

選ぶときのポイントをご紹介いたします!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

赤ちゃんの服装って悩む…

大人の場合は、その日の天気や気温で

服装を判断することができます。

 

暑かったり寒かったりすれば、自分で温度調整をすることができるので、

常に快適な状態を保つことができます。

 

しかし、赤ちゃんは自分で大人のように

体温調節することができません。

 

暑ければ汗をかき汗疹ができてしまったり、

寒ければ風邪を簡単にひいてしまいます。

 

特に外出時の赤ちゃんの衣類は、パパやママが一番

悩むことなのではないでしょうか???

 

自分はいいと思って外に出たら

周りの赤ちゃんは違う服装をしているということもシバシバ。

 

 

そこで、赤ちゃんとの外出時の服装を選ぶポイントを

まとめてみました!

 

 

赤ちゃんとの外出で服装を選ぶポイント

赤ちゃんと言っても、数か月で全然違いますよね。

月齢ごとに赤ちゃんの外出時の服装を選ぶポイントをまとめました^^

 

1~5カ月の赤ちゃんの場合

1カ月検診で問題がなければ、

少しずつ赤ちゃんと外出することができます。

 

まだ寝ていることが多く、自分で動くことができない

1~5カ月までの赤ちゃんの服装はどうすれば良いのでしょうか。

 

<春・夏>

汗ばむ季節である春と夏は

基本は薄着にしてあげることが大切です。

 

ショートオールや薄手のロンパースなどを

着せてあげる以外に、肌着もタンクトップ。

キャミソールタイプのものを選ぶようにしましょう。

 

ショッピングモールなど屋内は

冷房が利いていて意外と寒いことがあります。

 

そんなときはブランケットや靴下、レッグウォーマーなど、

必要に応じてすぐに防寒対策できるものを持ち歩くと便利ですよ。

 

<秋・冬>

秋は、暑い日もあれば寒い日もある、温度変化の激しい季節です。

 

朝と夕方の温度変化が激しいので、

薄手のフードが付いていないパーカーやカーディガンを

1枚持って出かけると便利です。

 

足元が冷えると体全体が冷えてしまうので、

靴下やレッグウォーマーも忘れずに持ち歩くようにしましょう!

 

私は良く忘れる&なくすので、

オムツポーチの中に2.3セット入れてますw

 

 

冬は寒さが厳しいので、カバーオールタイプの

アウターが重宝しますよ!

 

抱っこ紐に取り付けるタイプの防寒ケープもかなり重宝しました!

こちらの方が調節がすぐに出来るので、楽ちんです^^

⇒お出かけを快適にできる抱っこ紐の記事を見てみる

⇒私が使って重宝してる【抱っこ紐の防寒ケープ】はコレ!

ベビーホッパーウインターマルチプルカバー【エルゴ防寒カバー】口コミと付け方・使い方

気温が安定しない日が続いていましたが、 だんだんと寒い日ばかりになってきましたね。   子どもが3人もいると、誰かしら風邪を引きそうで 常にビクビクしているチロです。   一人がも ...

続きを見る

6~11カ月の赤ちゃんの場合

寝返り、寝返り返り、ハイハイ、つかまり立ち、

早ければ歩くことができる子が出てくる活発な時期です。

 

ベビーカーや抱っこをし続けていると

嫌がって泣くことも多くなってちょっと厄介( ;´Д`)

 

 

時々ハイハイや寝返りができそうな場所に寝かせてあげて、

自由に動ける時間を作ってあげるようにしましょう。

 

<春・夏>

上下分かれた衣類を着るようになってくる頃です。

 

春は肌寒い日もあるので、お出かけの際は

薄手のパーカーなどをはおらせるようにしましょう。

 

夏は汗ばむことが多いので、動きやすく薄手の生地の物がおすすめです。

ショッピングモールなど屋内に出かける時は

前述した防寒アイテムを忘れないようにしましょう。

 

<秋・冬>

秋は春と基本的には同じです。

しかし冬は寒さが厳しく、屋内では汗ばみます。

 

簡単に着脱できる冬用のアウターが重宝しますよ!

ニット帽などもかぶらせてあげるようにすると、更に良いですね。

普段は帽子を嫌がる赤ちゃんも、

マジで寒いと自分からかぶってくれますw

 

寝る時の服装は?

低月例の赤ちゃんでも、足が動かせるようになると

蹴って掛け布団が足元までズリ下がることが多くなります。

 

成長するにつれて体が自由に動かせるようになるので、

レム睡眠の時に寝像が悪くなることも…。

 

夜間は気温が低く肌寒いので、

寝る時は季節に応じたスリーパーを着せてあげると良いですよ!

 

 

<春・夏>

寝具はタオル地やしじら織りなどの清涼素材の物にします。

 

スリーパーは春・夏用の物にし、サイズは

1サイズ大きめのほうがひざ下までしっかりと覆うことができます。

 

<秋・冬>

寝具を秋・冬物の、ファー素材などの物に変えます。

 

スリーパーは、秋はまだ夜間の気温が高いことも多いので、

春・夏用のスリーパーに、掛け布団で大丈夫でしょう。

 

しかし冬場は寒いので、冬用寝具と同じ毛布のような

厚手のスリーパーを着せてあげます。

 

体温調整ができなくなるので、寝るときには靴下やレッグウォーマーは

履かせないようにしましょう。

 

 

赤ちゃんの服装の選び方まとめ

体温調整が自分でできない赤ちゃんは、

簡単に着脱できるアイテムを利用することで、

常に快適な状態にしてあげることができます。

 

なんか機嫌が悪いなと思ったら暑がっていて

服を一枚脱がせたら、急に笑顔ということも多いです^^

 

就寝時は布団を蹴ってしまっても大丈夫なように、

スリーパーを着せてあげると安心です。

 

赤ちゃんの服装選びに悩んでいるパパとママは、

今回ご紹介したことを参考にしてみてくださいね!

 

赤ちゃんとのおでかけで長時間抱っこしても疲れない

抱っこ紐はこちらの記事で紹介してます♪

⇒お出かけを快適にできる抱っこ紐の記事を見てみる

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-3人連れて子供とおでかけ

Copyright© 3人男兄弟子育てブログ!3人まとめてかかってこい! , 2017 All Rights Reserved.