3人男兄弟子育てブログ!3人まとめてかかってこい!

3人子育て中の主婦。夫は激務で実家は遠い。愛情たっぷり、手抜きしまくりながら楽しく暮らします

ベビー服 男子の洋服事情

60サイズのベビー肌着おすすめは?前開きの【ユニクロとH&M】比較

更新日:

短肌着とコンビ肌着もつんつるてんになってきつつある生後二ヶ月。
何箇所も紐を結ぶのもめんどくさくなってきました。

かと言って、まだ首のすわりが不安なので被り型の肌着は怖い。
まだ前開きの肌着を着せたいところです。

前開きと言ってもまん中にボタンがあると寝返りをし始めるこの時期はお腹に当たってかわいそう。
真ん中ではなく横にボタンがある前開きの肌着を探していました。
そこで見つけたのがユニクロとH&M。
2つのブランドを比較した結果
60サイズの前開きベビー肌着のオススメはユニクロ一択!

その理由と同じサイズのH&Mの比較を書いていきます。

ユニクロとH&Mベビー肌着徹底比較

どちらも肌に当たる内側にタグはない!さすが!

まだまだ敏感な赤ちゃんの肌。ガサガサのタグを当てるわけにはいかないですよね。

ユニクロは外にタグがあり自分で切るタイプ。
H&Mは後ろ首元にプリントしてあります。
コレはベビー肌着としては当然ですね。

スナップの違い

image

ユニクロはプラスチックボタン。H&Mは金属のボタンが付いています。
このH&Mの金属ボタンが結構固いんです。
強めに引っ張らないと外れない。引っ張るために生地が弱りそうで心配です。
しかも数がユニクロより多いので毎回若干のストレスとなってしまいました。

サイズ感の違い

image

身幅はユニクロはゆったり。首元が少し開いてしまうので上に着る洋服によっては寒いかも。
H&Mは細め。身体にフィットして抱っこはしやすいけど、動きにくさを感じてしまうかもしれません。
また腕が長めなので指シャブリしにくくて、赤ちゃんがイライラしちゃうときがあります。
細めで身長が高い子にはちょうど良さそうです。
アヤベ家の三男はガッチリ太めなのでH&Mを着れる期間は短そうかな。

肌着の素材と肌触りの違い

ユニクロとH&M、どちらも綿100%。
ただし、H&Mの方はオーガニックコットン100%と書いてありました。

生地の厚さとしてはユニクロが厚手でH&Mが薄め。
肌触りはどちらも気持ちよく赤ちゃんには良さそうです。

一番大事な値段は?

定価だとユニクロ990円、H&Mは1190円。
あまり変わらないけど、ユニクロは週末価格だと安くなるのでその時に買えばお買い得!
季節外れのワゴンコーナーでは最安値500円で買えるときもあります!

まとめ

どちらもベビー肌着としてはなんの問題もなさそうですね。
他は西松屋、赤ちゃん本舗、ベルメゾンなどをネット通販で見てみましたがすぐに欲しかったので60サイズはこの2つの店で購入しました。

動きやすさ、スナップ、値段からいってユニクロに軍配が上がります。

ただし、ユニクロのベビー肌着は70サイズからは頭から被るタイプなんですよね。
被るタイプは首元が伸びてしまうイメージなのでできるだけ前開きを使いたい!
その点H&Mだと1歳位まではサイズが細かくあるので、良いかもしれません。

次のサイズからどうしようか悩み中ですがそろそろ60がサイズアウトしそうなので早急にリサーチが必要です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

私が実際にやっている方法を暴露中!!

私が実際にやっている方法を暴露中!!

-ベビー服, 男子の洋服事情

Copyright© 3人男兄弟子育てブログ!3人まとめてかかってこい! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.