3人男兄弟子育てブログ!3人まとめてかかってこい!

3人子育て中の主婦。夫は激務で実家は遠い。愛情たっぷり、手抜きしまくりながら楽しく暮らします

3人目の妊娠・出産について

3人目の妊娠に悩むあなたに3人産んだ私が伝えたいこと

更新日:

3人目を妊娠したときにの悩む気持ち

正直に言うと、私もありました。

少子化の現代、ひとりっ子や2人きょうだいの家庭が増えました。

 

総務省統計局のデータによると、

平成27年の全人口に占める子供の割合は

12.7パーセントだそうです。

 

9人も10人も子供を産んだ昔と違い、

3人も子供がいたらもう大家族の入り口。

 

あと何人か生まれて、パパやママのキャラ次第では

テレビ局が取材に来るかも(*'▽')

 

それほど、2人と3人の間にあるハードルは高いのです。

 

けれど、子供は贅沢な嗜好品ではありません。

 

生活水準や家計の状況を考えて、

このまま子供をたくさん産むことをみんなが渋り続けたら、

ただでさえ超高齢化社会の日本からいずれ子供が消えてしまいます。

 

我が家にも子供が3人いますが、

決して裕福なわけではありません。

 

この記事は、3人目の妊娠に戸惑っていたり、

3人目が欲しいけど躊躇しているあなたに送ります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

家計に余裕がないと3人目を産んで後悔するのか

 

子育てはお金がかかるものですよね。

 

いえ、子育てに限らず生きていくのに

お金はかかるものですが、子供が増えるごとに

おもしろいくらい出費もどんどん増えていくのです。

我が家の家族構成は、大人2人に小学生1人幼児2人で

まだまだ食べ盛りとは程遠い年齢ですが、

10㎏のお米が10日もちません(-_-;)

 

我が家がお米大好きなのもありますが、

離乳食始まってしばらくすると

子供ってやたら米を食べるようになりません?

 

今から大きくなった時を想像して

母は今から震えています(´Д⊂ヽ

 

でも、お金がかかるのは食費だけではありません。

 

1番上の小学生も、自分が子供の頃と違い、

低学年のうちは1本100円くらい平気でする

4Bや6Bの鉛筆を常に5、6本筆箱に入れておかなくちゃいけないし、

 

家庭学習ノートなんて新しいジャンルが生まれているし

(メーカーさんやりますね!)

 

気温が低くなると学校指定のジャージが必要になり、

週ごとの持ち回りだった給食着は個人持ちになり、

 

1回ごとの出費は高くなくても

細々とした必要経費が積み重なっていくことで

かなりのダメージです。

 

4月は小学校と幼稚園の新学期準備で

しょっちゅう集金のお手紙を持ち帰ってくるため

段々白目になっていきますwww

 

お金がいくらあっても足りません。

 

でも、夫と私の努力でどうにかなるもんで

3人産んで後悔は全くしてないんですけどねwww

スポンサーリンク

スポンサーリンク

大変だけどやっぱり3人目を産んで良かった!

毎日が綱渡り状態の我が家に説得力はないかも知れませんが、

3人目はやっぱり産んで良かったと思います。

2人くらいならまだ経済的には楽だったでしょうし、

家庭優先のパートとかでなく、自分の好きな仕事も

続けられたかもしれません。

 

間違いなく、もやしが食卓に上る回数はもっと少なかったはずw

 

けれど、3人の子供たちがもたらすエネルギーってすばらしいんです。

 

くよくよ悩む時間をくれません。

 

幼いがゆえに、貧乏や不幸なんて知らず、

互いに影響し合って、泣いていても怒られていても、

すぐ笑い飛ばしてしまいます。

 

1人目も2人目も3人目も子供の可愛さに違いはありませんが、

3人の母となってからは特に、子供のくれるパワーを実感するようになりました。

 

若さと体力とお金があれば、もっともっと産みたいくらいです。

夫に内緒で『産み分けゼリー』について検索していたりwww

 

毎日の生活でやっとという状態でもない限り、

3人目を産んでもそれほど経済的に困窮するわけではありません。

 

でも正直、夫のお給料だけでは不安だし、

教育や楽しい環境は整えてあげたいので

私もお金を稼がなければ!

 

2人目までは働きたくな~いとグータラしてましたが、

3人目が生まれてお尻に火が付いたため

今ではせっせと在宅ワークに精を出しています。

 

3人目を産んだことで案外、覚悟が決まって良かったのかも!?

 

3人目の妊娠に悩むあなたへ伝えたいことまとめ

3人目が生まれてから、「私も3人欲しかったんだよね~」と

先輩ママさんから何度か言われました。

 

その度に、多少きつくても3人産んでおいてよかったなと思います。

 

あとから欲しいと思っても、子供だけはそうもいきませんから。

 

後悔しないベストな選択、なんて人生には不可能かも知れませんが、

なるべくなら悔いのないようにしてほしいです。

 

案ずるより産むが易し!

 

3人の子供たちからエネルギーをもらって、

母は今日も元気に働きます(`・ω・´)ゞ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-3人目の妊娠・出産について

Copyright© 3人男兄弟子育てブログ!3人まとめてかかってこい! , 2017 All Rights Reserved.