3人男兄弟子育てブログ!3人まとめてかかってこい!

3人子育て中の主婦。夫は激務で実家は遠い。愛情たっぷり、手抜きしまくりながら楽しく暮らします

3人目の妊娠・出産について

3人目の出産が一番怖い!?考え方次第では怖くなくなるかも。。。

更新日:

三人目の妊娠中、間近に迫った出産を恐れている自分

 

そんな気持ちとはうらはらに、

「もう、慣れたもんでしょ!」などと、軽く言われ、

『納得できない・・・(-_-;)』

と、もやもやした気持ちを抱いたことのある方も

いらっしゃるのではないかと思います。

 

 

私もそうでしたあぁぁ。

 

助産師さんも妊婦検診を重ねるごとに

顔見知りのようになっていて

「もうわかっているよね」という雰囲気でした(-_-;)

 

そんな私ですが、実は、

一人目から二人目、二人目から三人目と、

出産の回数を重ねると、慣れるというより、

怖さの方が増してきてしまったんです。

 

そこで、なぜ三人目の出産が一番怖いと思ったのか

色々と考えてみました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

実録!私の三人目出産エピソード

私は、一人目も二人目も自然分娩での出産でした。

なので3人目も、自然分娩を希望していました。

 

帝王切開だと、どうしても自然分娩よりも入院日数が長くなるので、

そのぶん家を任せている旦那に負担がかかるし・・・

上の子たちにも不安な思いをさせてしまうし・・・

帰宅後できるだけ早く家事を再開したいし・・・

 

という考えから、できるだけ自然分娩で、と希望したのでした。

 

なので、正産期に入ると、陣痛が来るのをひたすら待ってたんです。

 

でも・・・

 

待てば待つほど怖くなる3人目の出産

正直、陣痛が来るのが

こわくてこわくてしょうがなかったんです。

なぜかというと、上の子二人の出産ときに陣痛がどれだけ痛かったのか

正直あまり思い出せなかったからなんです。

 

あんなに苦しんだはずなのに思い出せないなんて、

ほんとうにどうしてなんだろう?と不思議でした。

 

 

なので、三人目を妊娠して臨月に入り、検診のために産院に行った時、

あまりに不安になってしまい、出産を終えたばかりのお母さんを捕まえて

「どうだった!?痛かった!???」

と、本気で聞きたいくらいでしたww

 

そして、いよいよ陣痛が来ると、

 

「あーきた!この痛み!!思い出した!!

やっぱり、痛いよ~(泣)怖いよ~(泣)」

 

三人目の出産とは思えない、情けない私でした(苦笑)

 

三人目の出産が一番痛い!?

出産が怖い と思う理由のひとつは(というか大半でしょうか)

その強烈な痛みへの恐怖ですね。

 

実際に陣痛・出産を経験するまでは

それがどれほどの痛みなのかは想像でしかありません。

 

 

でも、一人目の初めて分娩を迎えた時に思うんです。

激痛に耐えながら。

 

「これが、あのさんざん聞かされてき

“陣痛”ってやつか・・・!!!」

 

想像を絶する痛み。

そして、いつ終わるかわからない不安。

 

 

わたしは、初めての出産を終えたとき、

赤ちゃんを無事出産できた嬉しさのあとに、

強烈な陣痛から解放された安心感に支配されていましたww

 

 

でも、しばらくすると、不思議なことに、

陣痛がどうだったのかあまり思い出せなくなっていたんです。

 

そして、二人目を出産するときに、陣痛を感じ始めてからやっと

「そういえば、一人目のときの陣痛もこんな風に痛かったんだった」と、思い出したんですww

 

 

“忘れていたけど、痛みは一人目のときも二人目のときも変わらない”

ということも、そのときに思い知りました。

 

三人目の妊娠中にもやはり、陣痛の痛みがどんなだったのか

思い出せない自分がいました。

 

このため、どんなふうに痛かったんだっけ!?と思い出せず

出産を迎えるのが怖くなってしまったんですね。

 

このように

“どのような痛みだったのか”という記憶が薄れてしまい、

“極度に痛かった”という記憶だけ残り、

三人目の出産を迎える前は、もっとも不安が強かったです。

 

このため、三人目はモロに「痛い!!」と感じてしまい、

痛みを強く感じたのかなと思うんです。

 

三人目の出産の陣痛が楽になる方法を考えてみる

三人目の出産時は、「すご~く痛いのが来るぞ来るぞ~・・・ほらきた!!」

という自分の中のマイナスの心構えみたいなものが

さらに痛みを感じやすくしていたのではないかと思うんです。

 

ほんと、情けないですが、わたしは痛みに弱くて・・・。

 

でも、痛みは一人目の子のときと同じかそれ以上だったにもかかわらず、

陣痛開始から分娩までの時間はだいぶ短かったので、

三人目の出産では苦しんでいる時間自体はだいぶ短かったんです。

 

私の出産はそれぞれ

  • 一人目は、本格的な陣痛が来てから16時間くらい
  • 二人目は、本格的な陣痛が来てから1時間ちょっと
  • 三人目は、本格的な陣痛が来てから1時間半くらい

 

私の例では、初産と二人目・三人目との時間の差は極端なのかもしれないですが、

経産婦さんは、陣痛開始から出産の進みが早いという傾向にあるらしいので、

それに期待したいところでもありますよね!!

 

 

この痛みは、限りがある!

 

とくに経産婦だから早いかもしれないぞ!

 

と思うことで、前向きに痛みに向き合えるかもしれないと思うんです。

痛みを減らす方法ではないですが・・・。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

3人目の出産が一番怖いと思った私の理由まとめ

痛みは、必ず出産とセットになっているものですよね。

 

こんな風に痛みがこわくて、痛みに弱い私でも三人も出産することができましたが、

陣痛の痛みを忘れるという現象が無かったら、これは成し得なかったのかなと思う時があるんです。

 

逆に、自分が出産の痛みを鮮明に覚えていたら、

三人も妊娠できなかったかも・・・。

 

本当に人間の神秘って不思議!!!

同じように出産を経験したママの中にも、

「陣痛があんなに痛かったのに、忘れるんだよね。」

と言っているママがいましたが、それは一人ではなかったです。

 

単純に、産後、帰宅すると鬼のようにやることがあって

バタバタにかき消されて出産のときのことを忘れてしまうだけなのかもしれないんですが、

そういう脳のしくみだったりしたら、うまくできてるなあって、思うんです。

 

ただ、私のように「わからないから怖い」と思う人間には、

怖さを倍増させてしまい、三人目の出産が一番怖いと感じてしまうんでしょうね。

 

私は三人目の出産前が、一番怖かったですが、

出産にかかった時間が短かったために三人目の出産のイメージ(記憶)は

 

「痛かった!」

よりも

「すぐに出てきた!!」

というものでした。

 

 

これから3人目の出産を迎えられる方へ。

初めての時は、もちろんこわかったです。

でも初めてではなくても、出産はこわいと思います。

それは、ずっと変わらないのかなあと思います。

だから、こわいと思っているのは、自分だけじゃないと思います。

みんな同じだと思うんです

 

だから、こわい!だけど、がんばろう!!と、がんばってほしいです^^

 

3人兄弟、超楽しいですから!!!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-3人目の妊娠・出産について

Copyright© 3人男兄弟子育てブログ!3人まとめてかかってこい! , 2017 All Rights Reserved.