3人男兄弟子育てブログ!3人まとめてかかってこい!

3人子育て中の主婦。夫は激務で実家は遠い。愛情たっぷり、手抜きしまくりながら楽しく暮らします

子育てグッズ 赤ちゃんの子育て

冬の新生児沐浴。ベビーバスはシンクに入るタイプがいい3つの理由

更新日:

冬の新生児沐浴って大変ですよね。

寒いし、風邪ひかせたくないし、腰痛くなるし。上の子たちののときも産後ヘロヘロの体なのに、沐浴頑張らなきゃ…とストレスがありました。上の子たちのときはアカチャンホンポで買ったビニールで空気を入れるタイプ。その都度処分していたので今回も、またそれを買おうと思っていました。でもたまたまママ友からシンクに入れるタイプのベビーバスをお下がりで頂き、使わせてもらうことに。
そしてこのシンクタイプを使ってみるとめっちゃイイ!すごく使いやすいです。
今回はこの使い易さをまとめてみました。

シンクに入るタイプがいい3つの理由

  • なにより寒くない
  • 急がなくてもいい
  • 腰が痛くならない
  • キッチンで入れられるので寒くない!

    冬の洗面所ってなんでこんなに寒いんでしょうか。またお風呂場となると親も靴下脱いで、ズボンをまくってと寒い。
    その点シンクで入れるタイプのベビーバスだとキッチンでお風呂に入れることができるので寒くなくて快適です。
    今はキッチンとダイニングがつながってることが多いですよね。沐浴を嫌がる子も普段生活している部屋でお風呂に入れてあげれたら安心してご機嫌になるはず!

    温度差がないので急がなくていい

    温度差があると早く拭いて服着せてあげなきゃ風邪引いちゃうー!と焦ってしまいます。新生児はまだ大人と同じくらいの免疫があるとはいえ、プルプル震えてる赤ちゃんを見たらひぃーっ!ってΣ(゚Д゚)
    温度差のないところでお風呂に入れられて服も着せることができたらいいと思いませんか?

    屈まなくていいから腰に優しい

    床に置くタイプは基本ずっと中腰なので腰にきますよ。お風呂でボケーッとした赤ちゃんの顔を見ていたいですが、それより前に腰に限界が来ます(笑)
    シンクタイプなら食器を洗うのと変わらないので腰が痛くなりません。身長が高い夫にも沐浴をやってもらいましたが、床タイプより全然楽と言っていました。

    まとめ

    最初の一ヶ月くらいしか使わないベビーバス。期間も短いしなんでもいいやーって思いがちですが、新生児お世話で一番最初の難関が沐浴。産後の疲れた体で慣れない授乳や寝かしつけ。ママは大変です。
    せめて、沐浴が少しでも楽になればほんの少しでも余裕ができますよ(^^)
    キッチンで入れてたら上の子たちの様子も見れますしね。二人目以降のベビーバスにもシンクタイプおすすめです。

    スポンサーリンク

    スポンサーリンク

    私が実際にやっている方法を暴露中!!

    私が実際にやっている方法を暴露中!!

    -子育てグッズ, 赤ちゃんの子育て

    Copyright© 3人男兄弟子育てブログ!3人まとめてかかってこい! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.